SSイベント報告

東京女子大学同窓会 埼玉支部 の活動のあれこれをお伝えします。
11/11(土)「けっこう身近な多文化交流」(さいたまミニ支部会)

11月11日、秋らしい日差しに恵まれた土曜日の午後、通称「プチさいたま」さいたま市地区ミニ支部会主催の楽しいお話の会が開かれました。

題して「けっこう身近な多文化交流」

話し手は、石川靖子さん(94文史)と小室桃子さん(80文英)のお二人。

場所は北浦和駅から3分、クイーンズ伊勢丹3階。参加者は32名。

会は、米田景子さん(65短英)の軽快な進行でスタートしました。
まず、代表の小河徹子さん(71文心)から、プチさいたまは10年目を迎え、会員1600人、会費会員222人の大所帯であること、今回はチラシやメール、支部サイトなどでお誘いするほか、話し手に合わせて94年度卒業に近い50人にはハガキでお誘いしたなどのお話がありました。

 

■石川靖子さんのお話―中国蘇州のくらし


♪お仕事で蘇州に赴任されたご主人と共に、小学生の娘さんと3人の蘇州暮らし。

体験やエピソードをまじえたお話は、プリントされた15枚の写真と合わせて、実情がよく伝わりました。


♪黒板に書かれた10項目のお話はどれも興味深いものでした。

例えばの「日本人ひとり」。

娘さんがバレー教室にはいってみたら、日本人はひとり、なんと教室始まって以来初めての日本人だったそうで、みんなに珍しがられ、頭の先から足のさきまでじろじろ観察されたり、質問されたり。

そんな好奇心いっぱいの中国人と暮らした娘さんは、中国を大好きになって今も中国語を学んでいるという、嬉しいお話でした。
 子育てを海外で  日本人学校というところ  日本人ひとり  好奇心いっぱい   太太(奥さまたち)は何をする?  自由ではない部分  交通事故にあう     立ち退き命令   高速鉄道(新幹線)の走り方  日本に帰る日   

 

♪滞在中には尖閣諸島問題で反日デモもあったが、ご自身は「怖い、いやな思いは一度もなかった」

人々は温かく、歓迎してくれた。

仲良くなったドライバーさんは、帰国する日「日本に帰らないで」と涙を流して別れを惜しんだそうです。

 

♪蘇州は、上海から高速鉄道で30分、そして石川さんご一家が住まれた「園区」というところは、シンガポールが開発した地区だそうで、水と緑の多い街。街中に運河が作られていてなかなかいいところらしい。締めのことばは、「ぜひ蘇州にいらしてください、とてもいいところです」でした。

 

お話の後にサプライズが!なんと「蘇州夜曲」を日本語と流ちょうな中国語で独唱、最後には会場のみんなで歌う、という思いがけない趣向がありました。


♪蘇州ではインターネットに規制があるなど不自由なこともあったそうですが、それをも楽しんでしまうような包容力いっぱいの石川さん、とても魅力的で蘇州への愛にあふれたお話でした。

私も行ってみたくなりました。


■小室桃子さんのお話―どこでも多文化交流
小室さんはまさに多文化交流を生きているという方でした。

何しろ生まれる前から家にお祖父さまの皮のトランクがあり、それは世界各国を旅したトランク。中には世界地図が入っていて、訪ねた場所には赤いしるしが。幼い桃子さんは、その地図を興味深く眺めたとのこと。
〜〜〜
女子大時代。初めての海外訪問。

それは社会学部のスタディツアーで、行く先はネパール、英文科の小室さんがなぜかこのツアーに参加。

サークル活動として日本国際学生協会に所属し、国際学生会議(ISC)に参加する。

会議の前後には、世界各地から毎年夏にやってきた学生たちのガイドもつとめ、カルチャーショックを受けながら、いろいろな文化に触れる。
〜〜〜
卒業して本太中学校の教員をしていた時には、NNS国際スクール講師も引き受けて、アメリカ、カナダの現地の家庭に滞在した。初めてのアメリカ行きでツアーコンダクターを勤める。
高等学校の教員になってからは、国際理教育委員会に属し、留学生の話題などを中心とした通信を発行した。

保護者にも協力してもらって、外国語や簡単な日本語を話すボランティアをしてもらった。
〜〜〜
北浦和にある国際交流基金日本語国際センターには世界各国から日本語の教師がやってきて研修している。

ここが閉鎖的で、外の日本人と触れ合う機会がない。

ふれあうプログラムを提案、アフガニスタン、インド、ロシアなどいろいろな国からの一人一人と付き合うことはとても面白い。ホームステイも受け入れて、イギリスやドイツからの研修生を世話した。

お国柄でそれぞれ要求も違っていて面白い。

知り合った友人をブルガリアやフィンランド、ニュージーランドなどに訪ねた。

 

現在は、北浦和に本部がある「アジアを紡ぐ会(ASA)」のメンバーとして、スリランカ、インドマニプール、インドネシアバリ島などの女性たちの自立を支援する活動に参加している。

単に作ったものを日本で販売するという経済援助ではなく、彼女たちが自分で計画、交渉、事業をすすめるための自立支援をするというのが会の趣旨。
 〜〜〜
小室さんの何でも面白がって、蝶々のように軽やかにな行動する様子が伝わるお話でした。

多文化交流の場は身近にいくらでもありますよ、とそのいくつかを教えてくれました。
さいたま観光国際協会国際交流センター(コムナーレ9階)などに資料がたくさんある。
浦和区針ガ谷にはシリア難民が経営参加しているカフェ(名前はドバイカフェ)がある。


◇◇◇


お二人のお話に、支部メンバーは「宝の山」との思いを新たにしました。

皆様からも「とても面白かった。時間が足りなかった。」

「一人ずつにゆっくりお話ししてもらえばよかった」

「いろいろ質問もしたかった」などの感想が寄せられました。
今回の企画は大成功、準備された幹事の皆様、

お話してくださったお二人の方、ありがとうございました。

 

当日のアルバムはこちら→ 「けっこう身近な異文化交流」
 

           H.O

| プチさいたま | 01:10 | comments(0) | - |
2017.10.26高麗神社・聖天院訪問

10月26日、日高市にある高麗神社と聖天院を訪れました。

小雨が降ったり止んだりのあいにくのお天気でしたが、他のミニ支部会からもご参加いただき16名での訪問となりました。

当日は高麗神社の権禰宜さんが境内を案内してくださり、高句麗の王族につながる歴史的由来や、参拝後多くの政治家が総理大臣になったことから出世開運の神社と言われるようになったこと、先日の天皇皇后両陛下の御参拝の裏話など色々な興味深いお話が聞けました。

また、通常は中に入れない高麗家住宅にも入れていただき先人の暮らしに思いを馳せました。

その後、高麗王若光の菩提寺聖天院を訪れた後、高麗川駅近くの「あさひ」で日高市の名物「高麗鍋」をいただきながら歓談し、交流を深めることができました。

           

   (川越ミニ支部会 松下)

| 川越ミニ支部 | 22:05 | comments(0) | - |
H29.10.11 埼玉探訪 〜国宝・妻沼聖天山と葛和田の渡しを巡る〜

この日は30℃超えの夏日の予報でしたが、実際は曇り空で、心配した高温にはなりませんでした。よかったです。
今回は、熊谷駅南口集合となり、遠方から電車・バスを乗り継いで熊谷までお越しいただきました。しかし、急な欠席者も遅刻された方もなく、10時に北斗交通のバスで予定通り出発できました。

バス内では、尾本さん(熊谷ミニ支部)の軽快な案内やクイズがあり、盛り上がりつつ荻野吟子記念館へ

*荻野吟子記念館(入館無料)
近代日本最初の女性医師。塙保己一・渋沢栄一と並んで「埼玉ゆかりの偉人」といわれています。
その生涯は、渡辺淳一作『花埋み』に書かれました。
荻野吟子の年表・展示を見学、休憩をとり、葛和田の渡しへ

*葛和田の渡し(群馬県では赤岩渡船という:無料)
1560年頃、上杉軍の渡河に使われた記録もあり、歴史ある渡船です。
熊谷市葛和田と群馬県邑楽郡千代田町赤岩の間の利根川を渡る【県道扱いの渡し船】なので、料金は無料です。
船頭さんは2人。船は約20人が座れるベンチが設置されています
乗り方は、埼玉側からは、定期バス停そばの高いポールに付いた黄旗を揚げ、群馬側から船が出発するのを確認のうえ、旗を降ろして船着場へ行き乗船。
群馬側からは、受付の小屋があるので、船頭さんに声をかけ、乗船
埼玉側には、グライダー滑空場とサッカー練習場があり、休日の天候の良い時には練習風景を見ることができます。
晴れていれば、遠くの山々がくっきり見えるところですが、当日は曇りでちょっと残念でした。


*光恩寺(無料)
群馬側の赤岩の船着場から土手を上り10分ほど歩くと、光恩寺です。
光恩寺には、荻野吟子の像と、彼女の生家から移築した立派な長屋門があります。
皆様が、高い土手の上り下りを苦にせず、楽しく歩かれていたのが印象的でした。

*レストラン・オリーブ
ランチは、前菜、サラダ、フォカッチャ、ピザ、パスタ、デザート盛り合せ、カフェで、お腹いっぱいになりました。
この日は、お店の定休日でしたが、特別に貸切りで対応してくれました。

オリーブから聖天山に向かう途中、旧坂田医院や井田友平ポマード王の旧居が、バスから見えました。レトロな洋館は、今では映画のロケ地として活躍しています。

*妻沼聖天山
『阿うんの会』のガイドで拝観しました。
1179年斎藤実盛が創建(平安末期、鎌倉時代前)。1670年類焼(江戸時代)。
以来44年間かけて再建されるのですが、日光東照宮の修復に参加していた職人達の高い技術と、権力者ではない一般の人々の浄財によって修復されました、さらにこの度の平成の大修理も、国や県の補助金だけではなく、再び一般の人々の浄財が集まってなされたことが、高い評価を受けています。

・拝殿の彫刻
「琴棋書画」(きんきしょが:琴や囲碁や書や絵を楽しむ姿)
この囲碁の彫刻に因み、本坊書院で、囲碁界で最も伝統あるタイトルの本因坊戦が、2012年初開催、今年2017年6月にも開催されたそうです。
「鯉から竜へ」(出世する姿の籠彫り彫刻)、「唐子の遊ぶ姿」「軒を支える猿達」「吉祥天と弁財天のすごろく」「鳳凰一対」
これらの色鮮やかで生き生きとした彫刻をみると、当時の腕のある職人さんが楽しんで作っていたのでは、と感じます。

・貴惣門
設計から100年かけて、1851年完成したそうです。
屋根が上下二重(上は1つ、下は2つ)の切妻屋根の特殊な形をしています。
門を守る持国天・多聞天のお顔も親しみ深いものでした。

アニメのヒーローっぽいとの感想もありました。


*片倉シルク記念館(入館無料)
最後に、片倉工業の製糸工場跡、2つの大きな繭倉庫を残してつくられた記念館を見学しました。 
寄棟造り倉庫には操業時使われていた製糸機械が、蜂の巣倉庫には繭の蔵出しや養蚕の道具が、当時のままにきちんと保存されています。
そして、倉庫の周りには、色々な種類の桑が植えられていました。
経産省の近代産業遺産に認定されています。
片倉工業は、女工さんの教育に熱心な企業であったこと、富岡製糸場を稼働しなくなった後も維持管理し続けたこと、それが世界遺産につながったと思うと感慨深いです。
目先の利益だけにとらわれない企業が、ここにあることに思いを馳せました。

実は当初予定されていた「道の駅妻沼」は、急な休館日で寄れなかったのですが、この2階では、荻野吟子に因み「“いちばん星”見つけた」の展示があり、日本初の女性プロフェッショナルが紹介されています。春と秋は敷地内のバラ園がきれいです。

ほぼ予定通りの16時頃に熊谷駅に到着し、ここで解散となりました。
北斗交通のバスや、レストラン・オリーブのご協力もありがたかったです。
そしてなによりも、各地からご参加くださった皆様のご協力に感謝申し上げます。
また次の機会にも、皆さまとご一緒できますように!  

    Y.K.

| 埼玉探訪 | 18:17 | comments(0) | - |
10/6(金)越谷ミニ支部会で春日部、大宮周遊

10月6日(金)春日部駅周辺の歴史ある街並みを散策し、

 

鉄板焼ダイニング綺羅里」にて広島焼を中心にしたメニューを頂きました。

 

その後大宮公園の盆栽村へ移動し、盆栽美術館清香園を訪れ盆栽を鑑賞しました。

| 越谷ミニ支部 | 22:22 | comments(0) | - |
9/30志木地区ミニ支部会

プラネタリウム見学と偲ぶ会

 

  9月30日(土)、志木地区ミニ支部会恒例の秋のイベントとして、池袋メトロポリタンのプラネタリウムを見学しました。

8名の参加者の殆どが何年振りかのプラネタリウムです。昔より随分と娯楽性が増しているのが印象的でした。

「僕らが空を見上げる理由(わけ)」というプログラムで、ナオト・インティライミ(シンガーソングライター)の音楽とナレーションをバックにした迫力のある天体ショーを楽しみました。

 

プラネタリウム

 

 

 

昼食会場

 

 

 その後、プリンスホテル内の和食店で、お食事をしながら、
全く予想していなかった坂井様と富岡様の急逝を悼み「お二人を偲ぶ会」をいたしました。

 

 坂井艶子さんがこの8月30日に、冨岡美耶子さんが9月21日に他界されました。

お二人とも埼玉支部でのご活躍はもちろんですが、志木地区ミニ支部会の創設とその後の発展に尽力され、会のイベントには毎回必ず参加されてきました。

私たちの会にとってなくてはならない方々を失って残念でなりません。

 

 昨年9月に行った葡萄狩りイベントの際のお二人揃った写真を回覧しながら、お二人を偲び、思い出などを語り合いました。

心からご冥福をお祈りいたします。                (m.s.)

 

昨年秋のブドウ狩り

| 志木ミニ支部 | 00:00 | comments(0) | - |
7/10(月)高麗博物館見学と新大久保散策

7月10日(月)小澤秀子さん(58文英)のお誘いで、越谷ミニ支部会以外の3名を入れ総勢9名で、新大久保の「高麗博物館〜有田焼400年 望郷と同化のはざまで〜」の展示を見学しました。

透き通る有田焼の美しさの陰に連行された朝鮮の人たちの慟哭を聞く思いがした、そんな素晴らしい研究発表と展示、そして何より小澤さんの分かりやすい解説でした。

その後は和韓折衷の素敵なインテリアの「とんちゃん+」で韓国料理に舌鼓、

イケメン通りのカフェで韓国かき氷に猛暑を吹き飛ばし、市場をぶらぶら、

思い出深い夏の一日となりました。

 

   報告:長岡

 

 

企画展「有田焼400年 望郷と同化のはざまで〜朝鮮被虜人の生活と文化」
新大久保の高麗博物館で8/27(日)まで開催
http://www.40net.jp/~kourai/

| 越谷ミニ支部 | 22:13 | comments(0) | - |
6/5(月)大宮氷川神社見学(さいたま市地区ミニ支部)

6月5日(月)快晴のなか、新緑の美しい氷川神社に行ってきました。

総勢32人。

大宮駅から三の鳥居までタクシーを利用し、11時から正式参拝。

その後、宮司さんから境内をを案内していただきました。

いままでは、外から参拝するだけでしたが、拝殿に入り参拝いたしました。

氷川神社は2400年以上前に建てられた、武蔵一宮の由緒ある神社だそうです。

門の内側に5本の大きな楠が生えていて、樹齢は100年以上といわれました。

みんなパワーをもらうために、触るところは、色が変わっています。

日頃、あまり行くことのない、「蛇の池」を案内してもらいました。

蛇の池は、本殿の西側に位置し、見沼に流れていた湧水だそうです。

 

その後、社務所でビデオ「氷川神社の四季」を見た後、「清水園」に参道を歩いて移動。

松の飾り付きの「盆栽弁当」を皆で食べました。

いつもの顔なじみの方々に加え、今回は、お若いお二人の新メンバーが参加してくれました。

94年卒業のIさんは、2年前に大宮に越してこられ、地域を知りたくて参加されたそうです。

もうひと方、90年卒のSさんは、春日部からの参加でしたが、JICAにお勤めで、アフリカにちょくちょく行かれるようです。

とっても、嬉しかったです。川越地区や、越谷地区、熊谷地区からも参加していただきました。

14:30にバスが駅まで行ってくれるというので、もっといろいろのお話を聞きたかったのですが、半分の方々のお話で時間切れとなってしまいました。

残念でしたが、次回またとお約束して解散となりました。

 

(記録 T.O)

 

※アルバムは完成後リンクいたします。

 

| プチさいたま | 17:34 | comments(0) | - |
越谷ミニ支部会、初夏のお食事会

5月29日(月)JR越谷レイクタウン駅近くの、ヨーロッパの古城を思わせるイタリアンレストラン「リストランテ・ステッラポラーレ」で食事会を持ちました。

初参加の方がお一人見え計11名。

その後、近くの園芸店でお花観賞とショッピングをして

越谷レイクタウンへ。フードコートで気ままにおしゃべり。

楽しい一日となりました。

 

   越谷ミニ支部会代表 長岡

| 越谷ミニ支部 | 23:24 | comments(0) | - |
6/3(土)川越ミニ支部会「吉見・東松山散策」
梅雨前の爽やかな晴天のもと、実に魅力的な歴史散策でした。
北武蔵地域の要所でありました松山城の取り合い
まだ、秘密が隠れているような吉見百穴
彫りが深く意味のある彫刻があちらこちらに彫られていた箭弓神社
どれもこれも素晴らしかったです。
ラストの紫雲閣での珈琲も大変ゆったりとした気分を味わえました。

 


アルバムは→ こちら ※もう少しお待ちください

 

| 川越ミニ支部 | 17:35 | comments(0) | - |
5/20(土) 東京女子大で開催された第20回「埼玉支部の集い」
快晴に恵まれた、汗ばむ陽気の5月20日(土)、東京女子大学同 窓会館で「第20回 埼玉支部の集い」が催されました。
創立20年を記念して例年と一味違うことができないかと考えてい た役員たちが、東京女子大学同窓会主催の「能・狂言公演」という企画と出会い、今回初めての試みとして母 校での「埼玉支部の集い」を開催いたしました。
遠方のため参加者がどのくらいいらっしゃるのかなどの不安はあり ましたが、狂言師・野村萬斎さんの魅力もあってか、 60名以上が参加してくださいました。

 第一部 総会

 今年も会場の一部に「手芸の会」の作品販売のコーナーが設けられ 、総会開始前のひととき、  素敵なアクセサリーや小物を前にみなさんが楽しく過ごしていらっ しゃいました。

稲田さん(71年卒)の落ち着いた司会で始まった総会。
会場には グランドピアノがあり、駒田さん(59年卒)の生伴奏と平本さん(79年卒)の指揮で校歌を 斉唱するという豪華な体験をいたしました。
総会に先立ち、山田同窓会会長(66年 卒)から、埼玉支部への日頃の活動及び寄付への感謝の言葉をいただきました。
続いて、大木支部長 (84文英卒) による挨拶と同窓会への今年度の寄付金の 贈呈がありました。
 
総会議事では、議長大木さんのテンポの良い進行により、全ての議案 が温かい拍手で承認されました。
役員改選の今年、退任する役員の挨拶と新役員8名、新監事2名、ホームページ 委員3名、編集委員6名の紹介がありました。
荒木新支部長(75年卒)のユーモアを交えたご挨拶に、会員の皆さまからは 笑い声が聞こえてきました。
各サークル代表、ミニ支部会代表の紹介に続き、「交流奉仕部」、 「手芸の会」、新井さん(69年卒)から埼玉支部へ寄付金の贈呈がありました。

最後に、今回役員を退く7名へ支部より感謝の品が贈られました。 今年も「手芸の会」に記念品制作を依頼。
琥珀色の薄布で美しくラッピングされた素敵なネックレスを作って いただきました。

昼食の前、司会進行は辺見さん(69年卒)にバトンタッチされ、サ ークルからのお知らせや初めて参加なさる方の紹介など、気安くなごやかな雰囲気で総会は終了。そのあとはみなさん、テー ブルを囲んで弁当とお茶をいただきながら、おしゃべりに花を咲かせていらっしゃいま した。
(記録:加藤)

 

 

第二部 能・狂言鑑賞

午後からは場所を講堂に移して、いよいよ能・狂言の鑑賞です。


初めに光延先生による演目の解説がありました。

まず狂言。演目は「棒縛(ぼうしばり)」
主の留守に、いつもお酒を盗み飲みする太郎冠者、次郎冠者の2人が棒に縛られながらも互いに協力してお酒を飲みあうというお話。

軽妙なしぐさと、マイクなしで講堂に響く朗々とした声。

演者3名とも素晴らしかったのですが、萬斎さんはやっぱり華があったと私は感じました。
25分の演目でしたが、初心者にも十分狂言の面白さが伝わりました。

 

休憩なしで、次は銕仙会の能の「葵上(あおいのうえ)」
光源氏の正妻の葵上が愛人の六条御息所の生霊に悩まされているので、祈禱により鎮めようとするお話。

初めに薄水色の豪華な着物が舞台前方に置かれました。

光延先生の解説で、これは葵上が病に臥せっている様を表しているとわかりました。

 

能は、歌舞伎と同じように舞台で演じることができるのは男性だけのため、女性役の六条御息所や巫女役は男性が能面を付けて女性に扮しています。
能面は女性のものが多いのはこのためと納得しました(般若も女性とのこと)。

 

狂言は演者3名だけの舞台でしたが、こちらは演者のほかに、笛・小鼓・大鼓・太鼓の奏者や地謡の人、総勢10名が揃い、時に静かに、時に激しく、打ちならしたり、謡ったり舞台を盛り上げます。

地謡や演者の言っていることがわかりにくかったり、最後の拍手するタイミングに戸惑ったりしましたが、少し勉強すればもっと楽しめると思いました。
また、古典楽器の素晴らしさは十分に伝わりました。

 

埼玉支部創立20年を記念して、母校で日本伝統芸能に触れる機会がもてたことは、貴重な経験になりました。

(記録:井関)

 

アルバムは→ こちら

| 総会 | 17:37 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    poco (07/08)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    mike (07/08)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    momo (06/27)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    poco (06/27)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    shimamomo (06/26)
  • 4/24(金) スーパーコスモスおしゃべり会
    momo (05/16)
  • 5/17講演会「シェイクスピアに出会うまで、そして出会ってから」
    HO (06/08)
  • 物見山公園、平和資料館、巌殿観音探訪
    hisagon (05/24)
  • 物見山公園、平和資料館、巌殿観音探訪
    suzushige (05/24)
  • 2013年度東部地区新年会
    suzu (01/31)
モバイル
qrcode
LINKS