SSイベント報告

東京女子大学同窓会 埼玉支部 の活動のあれこれをお伝えします。
第3回プチさいたまの会
第3回プチさいたまの会が10月26日(月)に浦和コミュニティセンターで開かれ、台風の余波の雨が降る中でしたが、29名の会員が集まりました。



今回は中川節子先生(70文日)のご指導による絵手紙制作と熊谷ミニ支部のKさんによる「俳句―私の場合」というショートスピーチでした。

まず絵手紙制作ですが、3部構成です。すなわち_躇の篆刻 ⇒媾颪亡岨一文字を書いてみる 3┝蟷罎鮟颪。

,硫躇の篆刻は消しゴムに彫ります。不思議な方法で判子屋さんのような裏返しの字が彫れました。

△隆岨一文字書きは絵手紙を書くためのウオームアップのようなものでしょうか。墨をつけた割り箸を包丁持ちにして大きく動かし、皆なかなか味わいのある字が書けました。

いよいよ本番の絵手紙制作です。画材として蒲萄・柿・栗・林檎・ピーマンなどが用意され、各自好きなものを描き始めました。輪郭は割り箸に墨をつけて描き、着色は筆に顔彩をなじませて描きます。経験者は上手に、私など初心者もそれなりに上手そうに描きあがりました。スペースに短い文を添え、さらに朱で雅印を押すと一段と絵が映えます。

中川先生は中学の先生をしておられただけあって、指導のなさり方が非常に分かり易く、段取りもよろしく、従って私たちの作品も魔法にかかったように仕上がり、楽しい1時間50分でした。




20分ほどのティータイムの後、Kさんの俳句のお話が始まりました。お話の概要は次のようなものでした。

●なぜ五七五調か。
日本人は五七五調のDNAを持っている。従ってキャッチコピーにも五七五がよく使われている。但し俳句との差は季語がないこと。
●次にKさんが俳句を始められたきっかけについて。 
ご主人のご両親の介護を長くなさり、つらい気持ちのはけ口として俳句を詠み、それによって救われた。そして地元での句会参加を経たあと、黒田杏子氏主催の女子大の白塔句会に入会。会員の中には三笠宮様もおられる。
●最後にぜひ伝えたいこと。 
俳句は一人ででも作り楽しむことが出来るが、やはり俳句の醍醐味は句会にある。そこでは一期一会を心に、自分の心を俳句という短詩型にまとめ、お互いに示しあい、相手の心を鑑賞し合う。また句会では肩書き・性・年齢などの差別がない。ただその座にある仲間たちの胸に問いかけ、そしてその人の本当の人格に出会える。

Kさんのしっとりしたお話に心を打たれながら、和気藹々のうちに会は終わりました。荒れ模様の外の天候のことも忘れ、同窓生であり、しかも近隣に住む者同士という絆を強く感じた半日でした。(NH)

アルバムは こちら
| プチさいたま | 09:57 | comments(1) | - |
〆縄つくり
あいにくの天気でしたが、今日は特別飛び込みイベントの〆縄つくりに挑戦しました。総勢7名、10月のプチさいたまの集いですっかりお馴染みになった正村先生のご指導です。百聞は一見にしかず、写真をごらんください。干支の丑は毎年取り替えて何年も使えるとのことで、みなさん勇躍して政策に励みました。お一人は時間を午後と間違えていらして、お電話した時点で飛んでいらっしゃいましたが、流石手芸部、すぐに皆さんに追いついて全員無事完成。先生の細かい準備があってからこその短時間でのしあがりでした。もう私が生きているうちは買う必要がないと申しましたら、先生は「じゃ100年持つようにしっかりグルーでとめましょうね」と宣いました!ユーモアたっぷりの親しみのもてる方です。毎年の干支も調達してくださるとの事で皆大喜び。控えめながら強力なアシスタントのTKさんが仲介してくださいます。そのうちにこの〆飾りのあるお家は埼玉支部の会員だということになるかもと皆で話したことです。

手と一緒に口もよく動いていろいろ面白い話題がでました。大変楽しいひと時でした。

先生の手直しでまあ見るにたえるでしょうか?

| プチさいたま | 14:10 | comments(1) | - |
第3回グルメ&美術館見学
小雨がぱらつくひんやりしたお昼時に、北浦和と浦和の中間地点くらいの住宅街の中にあるレストランで、程よい量の新鮮な食材を使った目にも美しいフランス料理を満喫しました。北欧のイメージのする明るくシンプルなレストランは、総勢19名の静かな熱気に包まれ、身近な話題や小さな情報交換のさざめきとともに食欲は満たされました。(値段もリーズナブルでおいしかった!)

美術館までの道すがら、雨に少し濡れて色鮮やかになった家々の庭や公園の木々の紅葉を楽しんで、美術館3階の講座室へ。初めて参加した人のために、学芸員の伊豆井さんが、美術館の最近の活動の様子を話してくださいました。美術館のいろいろな企画に老若男女が積極的に参加している様子に、ほっとしました。政治や経済がたとえ破綻しても美術館は元気であってほしい、魅力を発信し続けてほしいと思います。

今回の企画展は、「都市を創る建築への挑戦ー設計組織のデザインと技術」。ゼネコン(general contractor)という言葉によいイメージが持てないでいるのは私だけではないと思います。その頭脳部分である設計組織の良心というか良識の度合と可能性を、今回の企画展を通してチェックしてみるのも面白いのではないでしょうか。都市という大きな空間にすでに吞みこまれている私たちにとって、デザインがどんなに素敵でも大きなコンクリートや鉄(今や鉄の時代ではないけれど)の塊の出現に、驚異あるいは脅威を感じないではいられません。優秀な技術者やデザイナーが組織として今後どのような仕事をしていこうとしているのか、そしてすでに造り上げられているものにはどんなコンセプトがあるのか、ちょっと専門家になった気分で鑑賞してみるのも面白いかもしれません。伊豆井さんは、この企画展を通して都市が抱えた問題を考えるよいチャンスになれば・・・とおしゃっていました。講座室では、身近な町の景観を損なう電線の問題や、古くても質の高い建物は壊さないで再生して活用することをもっと積極的に考えられないか等の具体的な意見も出て、和やかな雰囲気の中に活気があふれていました。



師走の慌ただしさが始まる前に、ゆったりと過ごせた貴重な1日となりました。(浅沼恵子)

| プチさいたま | 10:44 | comments(0) | - |
第2回さいたま市地区ミニ支部会(プチさいたま)の報告
昨年念願のプチさいたまミニ支部会を立ち上げてから早1年が経ち10月15日(水)に第2回会合が開かれました。会場は昨年と同じパルコ(浦和駅東口)10Fの浦和コミセン。

素晴らしい秋日和に恵まれました。幹事たちは11時前に集まって第14集会室
の東側のブラインドを全部引き上げ 明るい会場にテーブルで6つの島をつくりました。

今回は正村先生ご指導によるプリザーブドフラワーを使っての作品制作ということで、参加者32名のたくさんの花材が先生はじめ先生をご紹介くださった小林さんと倉本さんによって会場に運び込まれました。やさしく扱わないと壊れてしまうバラやカーネーイションを幹事もお手伝いして丁寧に各テーブルに配置し 早々に準備完了。

定刻1時に司会役の倉澤さんの明るい声が会場に流れました。石井代表のご挨拶にひきつづき講師紹介。講師によるプリザーブドフラワーについての簡単な説明のあと いよいよ制作指導開始。

ほとんどの方が初心者で、はなびらを壊さないよう 散らさないよう真剣なまなざしで針金を差し込んだり ペンチで切ったり・・・。約20本のパーツが出来上がり 器の周囲にアイビーを配し中央にバラを中高に、それを囲むようにやや低めにカーネーションをと、次々に差し込んでこんもりと密にまとめあげ最後にリボンを飾りました。
作品
それぞれのテーブルの上には出来上がった作品が並び 一気に会場がはなやかでエレガントなムードに包まれました。きっと作品の一部が新年会のテーブルを飾り皆様のお目に止ることでしょう。

つづいてティータイム。用意された数種のお菓子をいただきながら講師の先生のお話も交えながら談笑。3人の新人の自己紹介など。

その後はこれまたお待ちかねの平沼さんの「歌とともに生きる人生」と題したショートスピーチ。まずは和歌と短歌についての説明。そして明治天皇と歌を通して深く関わられた曽祖父さまの元で幼児期を過ごされたこと、そして小、中、高、女子大、OL,主婦の時代と常に平沼さんの身近にあり心に深く残った歌を紹介されました。その後は万葉講座に参加されたり加藤克己氏に師事されて研鑽を積まれ現在に至っておられます由。声に出したい日本の名短歌 興味深い歌など10首を紹介くださり 皆で声をそろえて詠じました。久しぶりに静かな中にも何とも言えない心の高揚を感じ貴重なときを共に過ごしました。

最後に支部長の佐多さんのご挨拶と今後の行事予定のお話があり予定どう午後4時閉会、解散。
 
また来年もみなさまのご要望 お力添えをいただき 楽しく有意義な催しにしたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。
(相川洋子)
| プチさいたま | 13:00 | comments(5) | - |
第2回美術館見学会は大熊家コレクション
6月27日は一石3鳥の盛りだくさんの「プチさいたまデイ」でした。

 5月26日に行われたコスモスの会と共催の講演会についての反省会・ランチ、そして北浦和の埼玉県立近代美術館見学、最後にプチさいたまの幹事会と盛りだくさんの一日を楽しく過ごしました。反省会・ランチは浦和伊勢丹のクローバールームでイタリアンを堪能(18名の参加)、電車で一駅移動して北浦和の美術館見学。見学だけの方々と合流して総勢25名で美術館の3階講座室で昨年以来おなじみの学芸主幹のかたの講義に耳を傾けました。お話しのあと、それぞれに常設展を見学、ちょっと恥ずかしかったのは「静かにしてください」と注意されたこと!気をつけねば。



以下は川口のKさんの感想文です。


 「住宅から床の間が無くなるようになり、掛軸も久しぶりです。「心のあらわれ−富嶽の美と人物・故実」と題された今回の展示は大観の富士、湖に写る富士、養老の滝を見上げ、遠く中国(と思われる)峰々から流れ落ちる滝を図中の人物とともに見、静かな日本画の世界を堪能しました。
他にもルノワールなどの近代絵画を何点か拝見。
 学芸員の方のお話によると収集も保管も大変だとか。 確かにと納得しつつこんな身近に様々な作品を楽しめる場があるのは嬉しいことです。
次回などのような作品に出会えるか楽しみに!」

最後にティールームでお茶をしながらプチさいたまの会の企画会議。反省会もこの会議も世話人・幹事のほかの方々も積極的に参加してくださり、活発な意見交換が出来たころを心から感謝しています。







| プチさいたま | 17:31 | comments(1) | - |
プチさいたま − お知らせ
寒い日がつづいていますが、お元気のことと存じます。昨日は新年会で多くの方にお目にかかれとっても楽しいときをすごしました。
プチさいたまは冬眠中ですが!!! 

きっとご存知でしょうが、下記の横山大観の4作品先取りして見たいものですが、今回は2月17日までとなっているので、知らせだけにいたします。4月からの全作品の公開の時期にまたグループで見学してもよいかなと思っております。

これは一階の常設展示室です。 毎日2時にサポーターの方による説明もあるとのことです。この一週間私が風邪引いたり家人にうつして、その看護でご連絡が遅くなってしまいました。

■特別展示(期間限定)
2008年1月24日(木)〜2月17日(日)
「秘蔵の横山大観作品先行公開−新寄贈の大熊家コレクションより」
埼玉県川口市の旧家・大熊家より、横山大観をはじめとする充実した日本画のコレクションが寄贈されました。4月からの全作品の公開に先立ち、大観作品4点を先行公開します。


横山大観《日本心神》
昭和19年頃
横山大観《朧夜》
大正13年頃



※平成20年度常設展第1期(2008年4月中旬〜7月中旬)では、寄贈いただいた大熊家コレクション全作品47点を数回に分けて公開します。

美術館のお知らせページ

取り急ぎ。  ぐり
| プチさいたま | 19:46 | comments(1) | - |
美術館見学
10月29日プチさいたまが発足し、第一回のイベントとして11月30日北浦和の埼玉県立近代美術館で美術鑑賞をいたしました。折から園内はいちょう、 欅、もみじなどの紅葉が美しく、その中を17人の方々が集まりました。

まず3F講話室で学芸員の伊豆井さんから好評空間である建物について簡単な説明があり、次いで本題である開館25周年記念展「田園讃歌」の解説をしていただきました。
美術館見学

美術館見学2
山梨県立美術館秘蔵のミレーの落穂拾いと当館の名作モネのジヴェルニーの積みわらの2点を同時に鑑賞でき、加えて農耕・収穫をテーマにした見事な作品群を楽しみました。ピサロ、シスレー、ゴッホ、ゴーガンら印象派の作品も含め、それらの自然と人間の主題が日本の近代絵画でどのように表現されたかを示す浅井忠、黒田清輝らの代表作も見ることができ大変興味深く、すばらしい展覧会でした。

その後館内のペペロネでイベントのための特別メニューのおいしい食事をいただき幸せな一日でした。(相川洋子)







| プチさいたま | 10:35 | comments(1) | - |
さいたま市地区ミニ支部(プチさいたま)スタート!
10月29日(月)、出来たばかりのパルコ(浦和駅東口)10階の浦和コミセン。朝9時半、早くもIさん、Aさんが机の配置に取り組んでいる。相変わらず気の早い面々。真新しい部屋は、2面がガラス張りでブラインドを上げると、浦和の街が展望できる。間もなく推進委員全員が到着して、12時ごろには用意万端整う。部屋の前面にお花、参加者の席は6個の島に分けられ、A〜Fの札が置かれる。
定刻1時、本日の進行役Mさんの開会宣言で、会が始まる。さいたま市地区ミニ支部(通称プチさいたま)が、埼玉支部の5番目のミニ支部として誕生。参加者は37名。
まずは、佐多支部長からご挨拶。支部最大のミニ支部として活躍してほしい、支部を支えてほしいとのメッセージが語られ、身の引き締まる思い。続いて、ミニ支部誕生を祝うコンサート、シャテーニュカルテットのメンバーによるヴィオラとチェロのデュエット。1mほどの近さで聴くと、弦の響きが全身に伝わる。バッハ、モーツァルトの名曲もよかったが、愛の挨拶、紅葉など親しみ深い曲は一層心に入り込む。一同の気分も和らぐ。
音楽の次は、美味しいケーキのティータイム。Nさん作のケーキは、可愛いいモンモランシー(フランスの特別美味しいチェリーの産地の名前とのこと)。Iさん、Aさんのお手伝いで丁寧に焼き上げられている。
ひとしきりテーブル毎の歓談の後は、全員の自己紹介。初めて参加の方にはちょっと多く時間が与えられる。80代なかばながら、一人暮らしで車を運転して温泉にも出かける、というMさんのお話には、一同感嘆のため息。ユーモアたっぷりで歯切れのいいお話しぶりは、さすが我らが大先輩、嬉しい限りです。一方、80年代卒のお若い会員は、みるからに初々しく緊張した話ぶり。どちらも興味深く聞ける。とかく同窓会というと、退屈な長広舌にうんざりさせられることが多いが、支部の集まりでは、そういうことは皆無ではないが、滅多にない。今日も終始楽しめた。
一巡した後は、これからの活動についての話し合い。会のモットーは、『カルチャー+交流』。配布された「活動のヒント」をヒントにしてテーブルごとに話し合う。その間に会への要望や会でやりたいことなどをアンケート用紙に書くという段取り。「本日の提案」と名打った具体提案は、美術館見学(11月30日)、特別に説明員を依頼してある準備のよさが好評で、19名が参加を申し込む。
最後に会の幹事と代表を決める。代表には、この会の立ち上げに尽力なさったIさん、幹事は5名の推進委員に新たなメンバーを加えた陣容が決まる。予定通り、午後4時、散会。
かくして、プチさいたまは無事船出しました。これからどんな航海を辿ることになるのか、900名以上の大所帯と埼玉の県都という地の利を生かして、真に一人一人の生活を豊かにして、かつ母校や社会に貢献できる活動へと発展させて行きたいものです。皆様のお力添えをお願いいたします。
写真館に素敵な写真がアップされています。Kさんのご労作です。ぜひご覧ください。



| プチさいたま | 23:59 | comments(3) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    poco (07/08)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    mike (07/08)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    momo (06/27)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    poco (06/27)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    shimamomo (06/26)
  • 4/24(金) スーパーコスモスおしゃべり会
    momo (05/16)
  • 5/17講演会「シェイクスピアに出会うまで、そして出会ってから」
    HO (06/08)
  • 物見山公園、平和資料館、巌殿観音探訪
    hisagon (05/24)
  • 物見山公園、平和資料館、巌殿観音探訪
    suzushige (05/24)
  • 2013年度東部地区新年会
    suzu (01/31)
モバイル
qrcode
LINKS