SSイベント報告+役員会より

東京女子大学同窓会 埼玉支部の活動のあれこれと役員会からの報告をお伝えします。
首都圏外郭放水路見学会
  10月最後の日、31日、志木地区ミニ支部会主催の
 首都圏外郭放水路見学会の参加者11名が
 大宮駅構内のエキュートの喫茶店に集合。
 ランチを一緒にとりました。 
  その後、時間帯のせいか、がらがらの東武野田線に乗り、
 貸切のように全員が座り、南桜井駅までトークの時間。
 駅を降りて、タクシー3台に分乗して、
 庄和排水機場内の地底探検ミュージアム・龍Q館に行きました。

 ★ 見学説明会 ★

  ー付後、地底体感ホールでの映像を見て、渦巻く水流、
   洪水の恐怖、それを防ぐため稼働中の各地点の施設等、
   水の脅威と、それを管理する施設の概要を理解しました。

 ◆‐欧防舛れた中川・綾瀬川地域一帯の航空写真で、係員が、
   この辺の浸水されやすい地域を示し、
   お皿のような地形で川よりも低く
   洪水になりやすいことを理解しました。
   利根川、荒川に はさまれた、中小河川の多い地域で、
   浸水被害が多いことに納得。
説明を聞く


  次は模型での説明があり、外郭放水路の全貌を
   模型を見ながら理解しました。
   中川・倉松川等の中小河川からあふれ出す水を受け入れる5地点の
   円筒形の立坑(直径約30m、深さ約70m)がその水をためつつ、
   第5立坑から第1立坑までの地下50m、
   全長6.3Kmのトンネルに流し、最後今回の見学場所の調圧水槽に
   流し込まれて、この水槽から圧力をかけて、
   江戸川に排水するシステムがよく理解できました。
   この時、江戸川の水位が低いうちに、溜まった水を、
   高速で、高圧の力で、排水するので、
   江戸川の水位の時間差を利用して排水するという方法は、
   たいへん賢い方法と感心しました。

 ぁー,蝋眤、高圧で排水するためのガスタービン式ポンプと
   羽根車の模型を見ながら、毎秒50/m3 を排水できるそうですが、
   これが4台装備されていて、
   全部を稼働すれば25mプール一杯分の水
  (毎秒200/m3)を送り出すことができるそうです。
   実際は4台全部を稼働したことはないということです。

 ァ〆埜紊肪羆操作室をガラス窓越しに見学。
   上記の操作のすべてを、各地点におかれたカメラから
   送られる映像を監視しながら、室内の4台のPCで操作するそうで、
   いざというときのために暇なときに試運転をして、
   確実に稼働するかどうかチェックするそうです。

 ★ 実地(調圧水槽)見学 ★

 外郭放水路見学

  さて、十分外郭放水路の説明で概要が頭に入った後、
 ビルから300mぐらい離れた調圧水槽の入り口まで歩き、
 入り口から116段の階段を下りて地下神殿に入りました。
    大きな柱、天井の高さを眺め回して、
 そのScaleの大きさを改めて体感しました。
 勿論あちこちでパチパチ写真を撮りました。
 内部は照明で十分よく見渡せました。
 行きは良い良い帰りは恐いの上りの階段116段を、
 我が一行は事故もなく、多少息が上がりながら上り、地上に出たときは、
 やはり私たちの生きる世界はこの地上だと思えました。

 ★ 駅近くの喫茶店・ふれあい茶屋「しょうわ」で一休み ★
  
 お茶

  見学を終えて、お茶とケーキとおしゃべりとで、楽しいひと時。
 見学後の感想はいろいろでしたが日本の技術は素晴らしいから、
 こういう技術を輸出すればよいという意見が多く、
 家電 製品で負け組になった日本も、よりスケールの大きい技術で
 勝負できると思えました。

 総工費2300億円の大型施設、外郭放水路見学の後、
 心も広くなり、多少日本人としての自信ももちつつ、
 ニコニコ顔で、帰路についた一行でした。
                                                            (Tommy)
 アルバムは→ こちら   
 
| 志木地区ミニ支部会 | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
志木ミニ支部会/暑気払&企画会
 

2012年度志木ミニ支部会「暑気払い&企画会」

 

暑い日が続いています。志木ミニ支部会から、早速“暑気払い”のご報告をさせていただきます。

 

716日(月・祝)に志木のリストランテ・パーシモンにおいて、「暑気払い&12年度企画会議」を行いました。出席者は12名でした。

 

ますは、イタリアンの食事に舌鼓をうちながら、お互いの近況報告を行いました。夫や親の介護、最近始めたり、または長年続けている趣味の話、子どもをとり巻く社会環境や課題について・・・一歩つっこんだ話になるのが我々同窓生の特徴でしょうか。


志木ミニランチ−1

 

次に、今年度の活動についてアイデアを出し合いました。

そして次の3つのイベントを行うことにしました。

1.「首都圏外郭放水路見学会」 20121031日(水)

   “これまでに経験したことのない大雨」に危機感を感じている私達にとってもこの施設は関心の高いものです。関東地区の洪水対策の一例を見学する予定です。

2.「忘年会」  2012125日(水)

   説明不要? 楽しいお食事会にしたいと思います。

3.「アフタヌーンティーを楽しむ会」 2013211日(祝)

  会員のお宅を提供していただいて、アットホームなお茶の会を楽しむ企画です。お菓子教室の長野さんに、アフタヌーンティーのいわれや、形式を教えていただきながら、お茶とおしゃべりを楽しむ参加型の会になるでしょう。

 

また、今年の4月に柳瀬川土手で行ったお花見の会が好評でしたので、来年も場所を変えてお花見会を行うことにしました。

 

では皆さま、体調管理にお気をつけて、いい夏をお過ごしください。

志木ミニランチー2 

| 志木地区ミニ支部会 | 10:19 | - | - |
志木ミニ支部会  「メルヘンの世界に遊ぶ1日」

= 報 告 =

2011年度志木ミニ支部会 

「メルヘンの世界に遊ぶ1日」

=「大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館」

        と「こども動物自然公園」を訪ねる=

2011929日(木

 

ピーターラビット、あひるのジマイマ、ふくろうのブラウンじいさま・・・、レッサーパンダ、フンボルトペンギン、コアラ・・・

残暑もおさまった爽やかな秋日和のもと、志木ミニ支部の9名は、絵本や動物の世界にひたる楽しい時間を過ごしました。



志木ミニー玄関


まず10時半に「大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館」を訪れました。この資料館は、東武東上線の高坂駅からバスで7分ほどの「埼玉県こども動物自然公園」の敷地内にあり、建物はイギリス湖水地方のヒルトップ農場を再現しています。前もってお願いしていた学芸員の案内に従って館内を見学しました。この日は、学芸員をめざす学生の実習生3名もサポートしてくださいました。

ここでは、ポターの生涯やナショナルトラスト運動における活動を偲ぶことが出来ますが、何よりも「ピーターラビットのおはなし」シリーズに関して、100年前の初版本の数々をはじめ、その他の貴重な出版物や資料の蒐集に圧倒されます。小さな絵本の温もりのある色彩や装丁・・・、また改めてゆっくり見学したいと思いました。 

 志木ミニーランチ

 次は資料館前の木陰のベンチで、ピーターラビット関連のフィギアや小動物を眺めながらのお弁当タイム。Aさん手配のお弁当の中身はもちろん、自然の中での食事は何よりのご馳走でした。


志木ミニーぽっぽ

 その後は、わくわく動物園ツアーです。
「同窓生の顔だけでなく、動物の顔を見られてよかったわ〜」なんて言葉を発する方も。「彩ぽっぽ」という線路の無い巡回トロッコ(?)に乗って、園内を移動。トロッコの中を吹き抜ける心地よい風に歓声をあげました。

志木ミニーお茶

 2時半過ぎに動物公園を後にして、近くのイタリアンレストランでケーキやお茶をいただきながらの反省会。今回は下見無しの催行でしたが、ハプニングもまた楽しで、皆さんの評価もよく、無事に終了となりました。
おつかれさま〜、また次回のイベントをたのしみに〜。


 

| 志木地区ミニ支部会 | 10:11 | - | - |
志木ミニ支部会 ラフターヨガ

2010年度志木地区ミニ支部会「ラフターヨガで福来る」報告

 

「ラフターヨガ(笑いヨガ)」とは?「すっきりするで笑」也

 

2月24日、志木地区ミニ支部会「ラフターヨガで福来る」が開催されました。会場は志木市の「ふれあいプラザ」。

講師は乙部純枝さん、アシスタントは三木具子さん、明るく活発なおお二人です。
 

初めてのことに挑戦するのは心ときめくものです。好奇心いっぱいで出かけました。

笑うことの生物学的・医学的効用についてはよく言われていますが、では、ラフターヨガとはどんなもの? どんなことをするの?

「ラフターヨガジャパン」のホームページから一部を引用させていただきます。

·         ラフターヨガの基本要素は4つ
1.
笑いを誘う「ラフターエクササイズ」、2. 手拍子とかけ声(ラフターエクササイズの終わりの合図)、3. 深呼吸、そして4.子供の様な無邪気な遊び心を思い出し、心を解放することです。

·         エクササイズの方法はグループで笑います。
最初は作り笑いから始まりますが、目を合わせたりしているうちに伝染し、気づいたら自然な笑いに生まれ変わります。

·         ラフターヨガは笑いとヨガの呼吸法を同時に行うことができます。
笑いとヨガの呼吸法を組み合わることで、誰でも簡単に多くの酸素を体に取り入れ、心身共にすっきりし元気になることができます。

·         作り笑いでも体への作用は一緒。
自然な笑いでも、作り笑いでも、体への作用は一緒ということが医学的に証明されています。この科学的根拠に基づいて、ラフターヨガエクササイズが生まれたのです。

·         インドが発祥地
1995年にインドの医師マダン・カタリアと、ヨガの熟練者である奥様、マヂュリー・カタリアとともに、たった5人で公園で始めたこの運動は、今や世界65カ国以上に伝染し、1万以上のクラブが定期的に活動しています。

 

さて、講師とアシスタントによる解説と、実際に身体を動かしながらのご指導が始まりました。いろいろな場を想定して、身体を大きく動かしながら、大きな声で笑います。掛け声と共に始まり掛け声と共に終わります。普段大声を出す機会の少ない私ですが、いつの間にか、横隔膜だけでなく全身を動かしながら笑っていました。終わる頃には心地よい疲れと共に、すっきりした気分になっていました。

 

日々の生活では、なかなか大声を出すことはできませんが、朝、鏡を見るときに笑い顔をつくる(小顔つくりの効果も?)、夜寝る時も笑い顔をつくり、眼をつぶって楽しいことを思い出す(熟睡を誘う)、食前に口の両端を横に引くことによって唾液の分泌を促す(これは老人ホームで試されたとか)・・常に継続することで身体に憶えさせ、習慣化させることが大切とのことです。

 

また、「ケータイ笑い」もいい実践方法です。携帯電話を耳にあてながらハハハ、ホホホと声を出して笑います。周囲の人は、会話しながら笑っていると思い、奇異に感じません。緊張をほぐしたり、ストレスを除いて気分転換をしたい時のお勧めです。

 

この講習の後は、市民コーラスで活躍のKさんの音頭で、全員で歌いました。身体がほぐれた後で、よく声が出ました。いつもより上手になったかしら? ラフターヨガはヴォイストレーニングにも効果があるようです。

 

今回は、季節柄、直前のキャンセルもあって、13名の参加になりましたが、他地区からの参加や、同窓会の行事に初めての参加の方もいらして、充実した楽しいミニ支部会となりました。

ご指導の講師の方々、会の運営にあたられた皆さん、ありがとうございました。(M.S.)





















| 志木地区ミニ支部会 | 12:04 | - | - |
志木ミニ支部 忘年会
 2010年12月2日、和光市の瀟洒なレストラン「クロシェット・ド・ボア」で志木ミニ支部の忘年会が開催されました。

参加者9名は坂井代表のご挨拶、乾杯の後、楽しく歓談、久しぶりに同窓生同士の絆を確かめ合いました。






いよいよデザートの段になると来年2月開催予定のイベント「ラフターヨガで福来る」の企画会議に早代わり、当日の担当決めを行いました。

楽しいデザートタイムの後は各々の一年を振り返りまた大いに盛り上がりました。一年って本当にあっという間、皆様、よいお年を!  (S・A)





| 志木地区ミニ支部会 | 18:33 | comments(0) | - |
傘寿の会
        6月30日和光のフレンチカジュアルレストラン「クロシェット ドゥ ボア」にて
  小野沢さん、北川さん、高橋さんの傘寿の会に志木ミニメンバー13名が集い
  ました。 こちらは北川さんが懇意にしておられることもあり、乾杯の前には
  ピアノの生演奏でHappy birthdayを他のお客様も交えて和やかに合唱し、
  こだわりの一品一品を美味しくいただきながら歓談いたしました。
  心のこもったTさん手作りのカードに一言ずつ書き添えて3人の皆様にお渡し
  しました。 これからもどうぞお元気にお過ごしになられますように。 (ES) 


  



       


     
| 志木地区ミニ支部会 | 14:11 | comments(1) | - |
ミニレクチャー: 「枕草子」とその時代
  今日第6回志木地区ミニ支部会は会員のMさんを講師に招き、”「枕草子」とその時代”というタイトルで、ミニレクチャーを開きました。志木ミニの地域だけではなく、埼玉県のあちこちからの外来者も参加し、20名が熱心にM講師の講演に耳を傾けました。
 高校の歴史の教科書で知っている枕草子の第一段、「春はあけぼの。…」から講演は始まり、資料として準備された年表を見ながら、平安時代の宮中の暮らしがどういうものだったかということを踏まえ、清少納言が何者か、どういう時代に「枕草子」が書かれたかをわかりやすく解説していただきました。最も関心が集まったのが、その時代の通い婚の制度。清少納言は、1回目の結婚相手と離別した後、2回目の結婚をしている。7歳で天皇に即位した一条天皇が10歳で、藤原定子と結婚。その定子のお世話をする女官が清少納言であった。一条天皇の頃、最もすぐれた近臣を集め、安定した朝廷政治であった。その天皇を補佐するのが、摂関家である藤原氏。他氏を徹底的に排斥し、藤原氏の摂関家の地位を不動のものとする。有名な道長の時代(994年〜)あたりに、枕草子が執筆された。その執筆のエネルギーは、清少納言が仕えていた定子の影響と考えられている。紫式部は、定子の後に一条天皇と結婚した中宮・彰子の女官であったが、清少納言との直接的関わりはなかったようだ。
 Mさんの歴史解説は、埼玉支部の諸々の行事で聞く機会を得ていました。毎回、その時代の生活の中に導いてくれるその解説は、私たちの中に、その時代の具体的イメージを湧かせます。それゆえ支部内で、彼女の歴史解説を多くの会員が期待しています。今日も期待通り、平安朝の男女の交わり、藤原道長の頃の時代のイメージを多少なりとも持てて、枕草子をもっと読んでみたいという思いになり、この講演会をシリーズでやって欲しいという要望も出ました。史料不足で、すべてがわかる訳でないこと、多くは周辺の資料から仮説をたてつつその時代を理解していく作業だということも理解できました。活発な質疑応答も、このレクチャーで、参加者がイメージをかきたてられてのことと思います。
 本当にMさん有難うございました。
 今日の参加者の中で、病いのため手術して、回復途上にあるSさんがご主人に付き添われて参加してくださったこと。ご夫婦参加は志木ミニにとって始めてのことでしたが、ご夫婦ともに、この講演会を楽しまれた様子。主催者としては、大変うれしいことでした。
| 志木地区ミニ支部会 | 21:46 | comments(2) | - |
ランチをはさんでの志木地区ミニ支部会ミーティング
 

小雨降る中、駅前のベルセゾン1F・喫茶店「ボヌール」に志木ミニの実働部隊6人が午前11時に集合。まずはランチの注文をし、3月26日のミニレクチャーのちらしの郵送作業を20分で終了。この実働部隊は、経験豊富で、ランチの来る前に作業を終えるほどの熟練者揃い。
 
ーランチ後のミーティングの内容ー
 3月26日の志木ミニ主催のミニレクチャー当日の役割分担。
◆SSミニ講座の企画進行状況報告
 来年度のさいたま探訪企画の話し合い→企画案決定と今後の打ち合わせ
  の日程に関して。(最終決定は来年度の役員会議で)
ぁ〕菁度のミニ支部会は来年の3月末・・・企画は未定

 活発な意見交換があり、いろいろなアイディアが話し合いの中でうまれました。また支部組織に関する問題提起もあり、支部長バックアップ地域の実働部隊として、知恵を出し合い、内容の濃いミーティングでした。
 もちろん、ランチはデザートつきで、よもやま話をしながら、おいしく頂きました。 
| 志木地区ミニ支部会 | 23:09 | comments(1) | - |
志木ミニ支部バーベキューパーティー
5月8日、かねてより計画していた秋ケ瀬公園でのバーベキューパーティーを開催いたしました。




お天気は程よい曇り空で日焼けが気になるお年頃には好都合です、食糧を買い込みいざ火おこしを・・・これがまた大変、一苦労です。熟年のベテラン選手に教えていただきやっとお食事にありつくことができました。



今回はプチさいたま、川越ミニ支部からゲストをお迎えし、12人が参加という大盛況。フルーツや和菓子、おにぎりなどの差し入れなどもあり食卓も充実、楽しいお話に花が咲きました。




後かたずけをしたら腹ごなしに公園内を散策、新緑を満喫した後、坂井代表からご挨拶をいただき、楽しかった思い出を胸に三々五々家路につきました。



  (S.A)
| 志木地区ミニ支部会 | 17:33 | comments(2) | - |
東武東上線沿線史跡巡り
「水辺の5500年」志木ミニ支部主催、川越ミニ支部後援

人間の暮らしは「水」と深い関わりがあります。
その「水」の地勢も長い時代を経過するうちに全く違うものに変化てゆきます。
その変化と共に変わっていった人々の暮らし歴史を森晶子さんの解説でお聞きし
ご実家が「炭屋」遠藤家の叶玲子さんのお話もうかがいつつ
縄文時代→戦国時代→江戸時代→明治・大正時代に
タイムトラベルのミニ旅行へと20名で出かけてきました。


9:30  集合 志木駅丸井側ロータリー・ H屮丱江茲蠑
9:41  出発 富士見高校行き東武バスに乗車     
10:30  難波田城址公園着 
    城址ゾーン散策 → 資料館見学 → 古民家ゾーン見学
    「水辺の5500年」森晶子 さんのレジュメ
    「新河岸川舟運について」叶玲子さんのレジュメ
    難波城
     古民家で昼食 → 歓談        
13:30  ハイヤーで移動
13:45  水子貝塚公園着
     資料館見学 → 展示館見学(20分上映)→ 公園散策
     土器
14:30 ハイヤーで移動
15:00 福岡河岸記念館着
     河岸記念館見学(約一時間)帳場、母屋、離れ、文庫蔵
     河岸記念館
16:00 ハイヤーで移動
16:20 上福岡駅着・解散

(参加費2500円 別途バス代280円)
(写真は支部サイト写真館の東武東上線沿線史跡めぐりの旅よりお借りしました)

| 志木地区ミニ支部会 | 12:03 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 2019年支部長メッセージ
    tt (06/13)
  • プチさいたま主催造幣局さいたま支局見学の報告
    ポコ (06/06)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    poco (07/08)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    mike (07/08)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    momo (06/27)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    poco (06/27)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    shimamomo (06/26)
  • 4/24(金) スーパーコスモスおしゃべり会
    momo (05/16)
  • 5/17講演会「シェイクスピアに出会うまで、そして出会ってから」
    HO (06/08)
  • 物見山公園、平和資料館、巌殿観音探訪
    hisagon (05/24)
モバイル
qrcode
LINKS